17-3-2

インプラントの注意点

インプラント治療における、メリットについて考えてみましたが、逆に注意点などはあるのでしょうか。まず、インプラント治療は、チタンでできた器具を骨に固定するのですが、その骨という土台が弱くなっている、または土台にするだけの骨が存在しない場合、インプラント治療が難しいと判断されることがあります。体が拒否反応を示すような病気を持っている場合でも、治療ができないこともあります。歯周病等を持っている場合も、要注意です。また、インプラントは放置しておいても永続的に使える物でもありません。インプラント治療後は、定期的な検診やケアが必要になります。特に、日常的な口腔ケアは忘れずに行う必要があります。

また、インプラント治療の最大のネックと言える点は、『掛かる費用』が挙げられます。基本的にインプラント治療は保険が適用にならないため、治療費が高額になることがあります。また通院が必要となれば、その分の費用も発生します。

インプラント治療を受けようと考えているときは、受けるクリニック、または治療に掛かる期間などについてきちんと把握し、術後のケアを怠ったり忘れたりしないように注意することが必要です。そうするなら、より良いインプラント治療が行えます。