17-3-1

インプラントのメリット

インプラントとは、いわゆる『人工の歯』のこと、と思われがちですが、正確には歯だけでなく、人工的に埋め込むもののことを言います。しかし大衆的には、「インプラント治療」という言い方が多くなされ、そのイメージが強くなっています。インプラントには基本的に、チタンという私達の体になじみやすい金属を用い、それを、歯を支えている骨に結合させます。歯茎ではなく、骨です。インプラントそのものは、大きめのねじのような形状をしており、そこに人工の歯をかぶせるようにして、装着します。とても強力に固定されますから、基本的に自分でそれを外すのは不可能です。ということは頑丈で、外れにくいと言うことでもあります。これは他の方法に比べても、大きなアドバンテージの一つです。

インプラントの他に、人工の歯を用いる方法としては、ブリッジや義歯などを用いた方法がありますが、外れやすかったり、違和感があったりすることもあります。インプラントは見た目にも自然な歯のように見えます。また、噛み合わせも本物の歯とほとんど同じになるため、普段の生活も違和感なくこなすことができますし、食事も普通に行えます。残っている歯を削るといった必要もありませんから、より安全な方法とも言えます。インプラント治療には、このようなメリットがあります。