17-3-3

インプラントが作用する部位

笑顔が綺麗な人…そんな人に憧れを持つということがあるかもしれません。どうしても笑顔を作るのは苦手だという方もおられるでしょう。もちろん、無理に笑顔を作る必要はありませんが、それでもやはり笑ったときに、生えそろった白くて綺麗な歯が見えていると、とても好印象になります。しかし私達の歯は、主に「ステイン」が原因となって変色することがあります。ステインとは、コーヒーやお茶などの飲み物に含まれている成分であり、ステインを含んだ飲み物を定期的に飲んでいると、歯が黄色く変色することがあります。毎日歯磨きはしているのに、残っている分が蓄積することもあります。

歯は、ある程度は自分の力で白くすることは可能です。それがいわゆる「ホワイトニング」という方法であり、実際にクリニックで行ってもらう方法に加え、ホワイトニング用歯磨き粉などを用いて、自宅で行うこともできます。この方法なら、元の歯に加工をせずに歯を白くすることが可能です。しかし、何らかの原因で歯が欠けているとか、抜け落ちているという方のために、「インプラント」治療は最適です。あなたも綺麗な歯を手に入れるために、インプラント治療を考えられてみてはいかがでしょうか?

17-3-2

インプラントの注意点

インプラント治療における、メリットについて考えてみましたが、逆に注意点などはあるのでしょうか。まず、インプラント治療は、チタンでできた器具を骨に固定するのですが、その骨という土台が弱くなっている、または土台にするだけの骨が存在しない場合、インプラント治療が難しいと判断されることがあります。体が拒否反応を示すような病気を持っている場合でも、治療ができないこともあります。歯周病等を持っている場合も、要注意です。また、インプラントは放置しておいても永続的に使える物でもありません。インプラント治療後は、定期的な検診やケアが必要になります。特に、日常的な口腔ケアは忘れずに行う必要があります。

また、インプラント治療の最大のネックと言える点は、『掛かる費用』が挙げられます。基本的にインプラント治療は保険が適用にならないため、治療費が高額になることがあります。また通院が必要となれば、その分の費用も発生します。

インプラント治療を受けようと考えているときは、受けるクリニック、または治療に掛かる期間などについてきちんと把握し、術後のケアを怠ったり忘れたりしないように注意することが必要です。そうするなら、より良いインプラント治療が行えます。

17-3-1

インプラントのメリット

インプラントとは、いわゆる『人工の歯』のこと、と思われがちですが、正確には歯だけでなく、人工的に埋め込むもののことを言います。しかし大衆的には、「インプラント治療」という言い方が多くなされ、そのイメージが強くなっています。インプラントには基本的に、チタンという私達の体になじみやすい金属を用い、それを、歯を支えている骨に結合させます。歯茎ではなく、骨です。インプラントそのものは、大きめのねじのような形状をしており、そこに人工の歯をかぶせるようにして、装着します。とても強力に固定されますから、基本的に自分でそれを外すのは不可能です。ということは頑丈で、外れにくいと言うことでもあります。これは他の方法に比べても、大きなアドバンテージの一つです。

インプラントの他に、人工の歯を用いる方法としては、ブリッジや義歯などを用いた方法がありますが、外れやすかったり、違和感があったりすることもあります。インプラントは見た目にも自然な歯のように見えます。また、噛み合わせも本物の歯とほとんど同じになるため、普段の生活も違和感なくこなすことができますし、食事も普通に行えます。残っている歯を削るといった必要もありませんから、より安全な方法とも言えます。インプラント治療には、このようなメリットがあります。